女の告白

告白する勇気をもらいました

告白

好きな人に告白するのって勇気がいりますよね。

 

頭の中で好きな人との楽しい光景の妄想ばかりが膨らんで、夢見る乙女状態です。

 

でも、実際に楽しくデートしたり話したりできるような恋人になるためには、「好きです!」と告白しなければなりません。

 

告白は成功すればバラ色の日々が訪れますが、失敗してフラレてしまえば今までの楽しい妄想すらもできなくなってしまいます。

 

それでも告白しないと、何も始まりません。

 

そんな思いで誰もが告白しているんですよね。

 

好きな男性ができて、勇気を出して告白した女性の告白体験談を紹介します。

 

その告白体験を読んで、あなたの告白を後押ししてもらいましょう!

 

 

17歳の初恋

私が生まれて初めて男性に告白したのは17歳のときでした。

 

相手は同級生のクラスメイトです。

 

高校1年のときに同じクラスになり、入学して一度も会話をしたことがなかったのですが、ある日の休憩時間に友人とお喋りしていて偶然彼と一瞬目が合い、それだけで好きになってしまいました。

 

 

入学して3ヶ月ぐらいたっていたので一目惚れというのも違う気もするのですが、気分的には一目惚れでした。

 

勉強もスポーツもできる彼は友人に聞くと結構モテるということでした。

 

私は彼の綺麗な目が好きでした。

 

そして、モテるくせに硬派だったというところもです。

 

 

ウブだった私は、好きなくせに一度も会話をすることなく高校2年生になり彼とはクラスが別々になりました。

 

たまに廊下ですれ違ったりするのを楽しみにする毎日となったのです。

 

しかし、そんなことではダメだと友達に後押しされ私は行動に出ることにします。

 

 

好きだと意識し始めて1年半後に私は勇気を振り絞りようやく告白しようと決意しました。

 

友達に協力してもらい、彼を校舎の裏側に呼び出したのです。

 

生まれて初めての告白なので心臓は飛び出しそうなぐらいにドキドキ。

 

声を振り絞り「好きです」と言いました。

 

すると、彼は困ったように「ごめん」と一言だけ残して去っていきました。

 

1年半の片思いがこんな一言で終わってしまい、私は頭の中が真っ白になりました。

 

あまりにも不器用な恋愛でしたが、彼の存在は学校に行く楽しみにもなっていたし、今となってはいい思い出となっています。

 

それから7年ほどしたときに、その彼が無料婚活サイトに登録しているのを発見したときはビックリしました(^O^;)

 

メールしようか迷ったのですが、またフラレたらショックなのでスルーしてしまいました。

 

まあ、今さらって感じもありますしね・・・。

詳細を見る

高校時代の3年間ずっと片思いだった男の子がいました。

片思いの人

一応3年生の卒業前に告白はしたのですが、見事にフラレていたのです。

 

それから6年が経過した24歳の時の話です。

 

 

日曜日に暇だったので、近所のパチンコ屋でパチンコをしていました。

 

台を変わろうとして席を立った瞬間に、メッチャびっくりしました。

 

なんと、高校時代の片思いの彼女が目の前に立っているではないですか。

 

 

「わぁ〜、久しぶり。」

 

と、ぎこちない声を掛けましたが、相手はにっこりして「おぁ〜、久しぶりぃ〜〜!!」とニコって笑ってくれました。

 

一瞬にして高校時代にフラッシュバックしてしまい、胸がドキドキしちゃいました。

 

 

当時の僕は付き合っている人もいなく、こんな偶然の再開はないと思い、

 

「えっ!?パチンコしているの?暇だったらお茶でもしない?」と勇気を出して言ってみました。

 

すると・・・

 

「ごめん。今、彼女と来てて・・今度結婚するんだ!」

 

と、薬指に光る婚約指輪を私の目の前に差し出しました。

 

「そうなんだ。おめでと。幸せにね。」

 

たどたどしく何とか言い切って、その場を立ち去りました。

 

なんとなくまたフラれた気持ちになってしまいました。

 

なんか悲しくなってきたので、彼氏が欲しいと思い婚活することにしました。

 

でもお金がないからこんなサイトをチェックしています。>>婚活費用安い!人気の婚活マッチングサイトはコチラ!

 

いきなり結婚とまではいかなくても、彼氏が見つかったらいいのになぁ・・・。

詳細を見る

私は小学校、中学校と恥ずかしがりやでした。

 

なのでもちろんクラスの男子とおしゃべりと言う思い出は全くありませんでした。

 

 

高校生になり色々な出会いとかもあってようやく男の子とおしゃべりしたり遊びに行ったりするのが楽しみになってきました。

 

そのころ付き合っていた人もいました。

 

それは相手が告白してくれたもので自分から好きになった感じではありませんでした。

 

でも優しくて面白くて一緒にいて楽しかったのでそのまま付き合っていました。

 

成人式

20歳になる年に成人式がありました。

 

小学校、中学校は男子と喋ったことがなかったのでそんなにすすんで成人式に行きたいとは思いませんでした。

 

でも友達にも会えるしとびきりおしゃれをして成人式とその後の同窓会にも参加しました。

 

 

そしたら男子が声をかけてくれました。

 

「中学校のときは喋れなかったけどこれからあそぼうよ。」などなどたくさん誘いがあってうれしかったです。

 

 

でもあんまりというかんじではありませんでした。

 

でも一人だけ中学校のときにクラスが一緒で、ひそかに好きだった人も来ていて私から声をかけたのです。

 

そしたら名前も知っていてくれてその瞬間にすぐ私は恋に落ちました。

 

 

これは運命だ!と勝手に思いすぐに同窓会の場で告白をしました。

 

そしたらなんとなんと相手も中学校のときから私のことをいいなと好意を持っていてくれていたのです。

 

その場ですぐに付き合うことになりました。

 

勇気を出して同窓会に行って、本当に良かったです♪

詳細を見る

私が22歳の時の話です。

オンラインゲームで告白

オンラインゲームが好きで、特にコミニュティ重視で会話が沢山出来るゲームを選んでプレイしていたのですが、その中で、ひとつ年下の男性と知り合いました。

 

初めは単純にゲーム仲間として、一緒に冒険したりチャットをしたりと楽しんでいました。

 

彼はとても優しくて、常に私のことを考えて行動、発言をしているのが伝わってくる温かい人で、彼に会いたいが為に毎日ゲームにインしているような状態でした。

 

お互いに趣味が近いこともあって話が合い、彼も私と過ごす時間を楽しんでいてくれていたようです。

 

ネットゲーム上での付き合いですから、当然実際に会ったことはありません。

 

 

ですが、3ヶ月程じっくりと彼と過ごすことで、「この人なら!」という確信を抱き、思い切って告白することにしました。

 

いつものようにゲームの中で彼とチャットを楽しんでいる時に、ドキドキしながら告白!

 

彼は驚いていましたが、すぐに「嬉しい」と言ってくれて、自分も同じ気持ちだった、と言ってくれました。

 

 

告白は成功で、その後はゲームの中だけでなく携帯でメールのやりとりをするようになり、実際に彼と会うことに

 

その時に、「改めて俺からも」と彼の方からきちんと告白をしてくれてとても嬉しかったです。

 

 

その後、彼とはうまくいっていたのですが、お付き合いした期間は半年程でした。

 

私の方が、仕事が忙しくなって気持ちに余裕が持てなくなったことが原因で、ひとりになりたくなり…。

 

私の気持ちを考えて、食い下がることなく「頑張って」と言ってくれた彼は本当に優しい人だったと思います。

 

 

後悔がないと言ったら嘘になりますが、また彼のように優しい人と出逢えたらいいなと思いますね。

 

今度は気持ちに余裕を持って、相手の気持ちも考えてお付き合いしたいです。

 

 

詳細を見る

私が24歳の頃、以前の職場で6つ年上の男性社員がいました。

 

彼は面倒見がよく、誰からも信頼されるタイプ。私にもとても優しく、とても気遣いをしてくれる人でした。

 

 

そんな彼のことを私は突然、意識するようになりました。

 

その会社に入社してからは2年程経っていましたが、それまで異性として意識をしたことはなかったのに、急に彼の存在が私の中で大きくなっていきました。

 

もしかしたらその時仕事でのストレスが多く、気を使ってくれる彼の優しさに勘違いをしたのかもしれません。

 

 

しかし仕事上の付き合いしかなく、メールアドレスも知らず私は何も出来ずにいました。

 

しかし今更本人には聞きにくい状況。

 

メールで告白

そんな時、彼と仲のいい男性社員とメールの話になり、なぜかその人のアドレスではなく私が気になっている彼のメールアドレスを教えてくれました。

 

私はチャンスとばかりにメールをしました。

 

その頃は彼とは少し離れた場所で仕事をしていた為、なかなか顔を合わせることもなかったので、私にはとてもいい機会でした。

 

最初は仕事の相談などのメールが中心でした。

 

それに優しいメールを返してくれる彼に私は思いはさらに高まりました。

 

 

そして感情を抑えられなくなった私は少し勇気を出して次のようなメールを送りました。

 

「最近はなかなか顔が見れないので寂しいです」

 

すると次のようなメールが帰ってきました。

 

「悪いけど、恋愛対象としては見れない」

 

はっきりとした告白ではなく遠回しな言い方でしたが、その時点でこの恋は終わってしまったのでした。

詳細を見る